ファンデーションの特徴

make up net

ファンデーションについて
書いてみました。

皆さんのお使いのファンデーションはどのようなものが多いでしょうか。
最近のファンデーションの進化はすごいです。
CCクリームやBBクリームを超える商品がたくさん出ています。
今まではリキッドかパウダータイプが多かったですが今はゲル状のものやクッションタイプやクリームタイプ、乳液タイプなどいろいろな形態のものがたくさん出ています。
しかも量少な目でも肌をきれいに見せてくれる商品がたくさん出ています。
化粧直しをしなくても夕方まで完璧な肌でいられるものも多く出ています。
ムースタイプのものは肌なじみが良くリキッドより軽いつけ心地で春や夏向きです。
最近流行りなのがミネラルファンデーションです。
ミネラルタイプにも3種類あります。
リキッドタイプとパウダータイプと固形タイプがあります。
リキッドタイプは乾燥肌に悩んでいる人に向いているもので肌につや感を出してくれて透明感のある肌になります。
100%ミネラルでできているものは少ないです。
パウダータイプは手早く使えてナチュラルな肌にしてくれる商品が多いです。
価格がお値打ちなものが多いです。
固形タイプは粉が飛び散る心配がなく持ち運びに便利で肌なじみも良く塗りやすいタイプです。

ファンデーションの特徴
メリット・デメリットとは

ファンデーションにはリキッドタイプ・パウダータイプ・クリームタイプなどさまざまな種類がありますが、季節により肌の状態・空気の状態が変わるため年中同じものではなく季節により変える必要があります。
乾燥しやすい時にはリキッドタイプ・クリームタイプを使用することで肌になじみやすく乾燥が気にならないということ、しっかりなじみながら気になる部位をカバーしてくれるということ、肌へのなじみがよいため自然に見えるところが良いところです。
しかし塗り方によってはムラができてしまったり、塗りすぎると肌の色が濃くなってしまうということがあります。
ファンデーションを初めて使う場合にはパウダータイプが使用しやすく、塗りムラもできにくいことから扱いやすい、化粧直しが簡単にできるというところが良いところです。
しかし肌が乾燥している場合には粉をふきやすくなってしまったり、乾燥している部位に塗ると乾燥している状態がわかってしまうことや、小じわに塗ると小じわが目立ちやすいということ、パフは雑菌の繁殖がしやすいので清潔に洗うということがとても大切となります。
実際に使用することでファンデーションのメリット・デメリットがあるため使用感などを実際に体験し自分にあったものを選ぶことで肌に合う物を見つけられるのです。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_BB/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/imkdqir1/public_html/inc/randlink.php on line 12